リロケーションとは

今どの企業においてもいつ転勤を命じられるか分からない時代になりました。
国内の転勤などはよく耳にする話ですが、最近では海外の転勤も増えています。
今まで海外転勤は大企業に勤めている人が対象と思われていました。
しかし最近では中小企業でも海外進出が進み、急な海外転勤が増えています。
そこで今まで転勤を想定していなかった人にとって、困るのが住居の問題です。
アパートであれば、すぐに引き払うことで解決しますが、持ち家や分譲マンションを持っている場合、転勤中の管理が問題になります。
持ち家があるから家族で同行できずにバラバラで生活する事を余儀なくされる場合もあります。
そこで家族で一緒に暮らしながらマイホームも管理できる方法の一つとして、リロケーションという方法があります。

リロケーションとは、耳にした事はあっても詳しく知らないという人も多いでしょう。
リロケーションとは、転勤で家を不在にする際に第三者に賃貸契約を結ぶ事を指します。
賃貸で住むことで家の風化を避けることができ、更に賃料として収入も得る事ができます。
そのため転勤中の二重生活の負担が大きく軽減されます。
家族で安心して同行する事もできます。
管理に関しては不動産会社に一任することができるため、不在中のトラブルや管理などは全て代行してもらう事ができます。
更に転勤先から戻ることが決まった時には数か月前に告知する事で、住居を受け渡す事が条件となっています。
とてもメリットも多く、今多くの人が活用しています。

Copyright © 2014 リロケーションの基礎知識 All Rights Reserved.